生活保護体験談 Y.O.さん26歳男性 生活保護を受けている友人の生活


皆さんからお寄せいただいた生活保護にまつわる体験談やエピソードです。出来るだけ原文に忠実な形でおのせしていますが一部プライバシーに関わる部分は改変してありますのでご了承下さい。

生活保護を受けている友人の生活
名前:Y.O
年齢:26歳
性別:男
住まい:名古屋市

同じマンションに住んでいる友達が生活保護を受給しています。受給理由としては、育ての祖母が年金暮らしになりお金に余裕がなく、本人は1年だけ就職した際にうつ病になり退職。その後症状が改善されず働くことが難しいため。12万円程受給しているそうですが、その他の収入としてブログライターとしてごくわずかな収入はあるようです。住宅は月4万弱のごく一般的なマンションに住んでいて、原付も所持しています。

ギャンブル等はやりません。電気代や水道代など生活でかかるお金は節約しているようですが、バンド活動をしておりたまに楽器を買ったりスタジオ代をはらったり。娯楽は苦なく楽しんでいるような印象です。

生活保護申請から受給までは割とあっさりでした。申請前からハローワークに足をはこんだり、面接にいったりはしていたからかもしれません。(ただし、面接となると極度のストレス状態になるようで、良い結果、たとえば1次審査通過のお知らせ等がきてもその時点ですべて断ってしまいます)

生活保護を受給していることは隠していません。SNSでも公言しています。「生活保護を受給して生活するメリットや権利」についてSNSで力説していることもあります。ネガティブな発言が多かった友人ですが、受給後は以前よりは元気になったのかなと感じます。男性ですが基本的に食事は自炊をしているようです。




公共交通機関はつかわずに県内の移動でしたらすべて原付です。そもそも県外にでることがあまりないようです。外食等の友人づきあいはふつうにします。お酒の場はごくたまにです。ラーメンや安いファーストフード店などでのご飯が多いです。

家計簿をつけてしっかり受給額内で生活をできるよう計算しているようです。貯金をおこなっているかは定かではありませんが、月々でかなり娯楽への投資に差があるので節約分はいつかつかう娯楽のためにまわしているという印象があります。受給前は、水のみで生活する、もやしばかり食べるというような極端な節約をしていて健康状態もわるそうでしたので、受給後にかなり生活と健康度は向上しましたし彼にとってはとてもプラスに働いたのではないかと思います。

ただし「国民のお金を使って生活している」ことに対する感謝の気持ちは彼から聞いたことはありません。もらえるものはもらって、それで生きる元気がわくならとても良いことだと彼は言っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA