生活保護体験談 M.M.さん40歳男性 破産して生活保護を受けた知人の話


皆さんからお寄せいただいた生活保護にまつわる体験談やエピソードです。出来るだけ原文に忠実な形でおのせしていますが一部プライバシーに関わる部分は改変してありますのでご了承下さい。

破産して生活保護を受けた知人の話
お名前 MM
年齢 40歳
性別 男
お住まいの市区町村 東京都受給状況 私の知人で、カードで200万円ほど借りて、そのまま自己破産した人がいます。カードで飲み食いをして、カードで風俗に行くうちにいくら使ったのかわからなくなり最終的に自己破産しました。自己破産する時は、弁護士にも費用を20万円ほど払わなくてはならないそうで、そのお金の請求が破産後も来るので、払えないと言ってました。しかし、破産後は、風俗に行ったり、職業訓練に通うなどして、自分自身の良いように時間を使えるので、有意義に過ごせているようです。

そして、その後、生活保護を申請に行った所、前職のパワハラのせいで鬱も患っているためか、簡単に許可が下りたようです。破産後の生活費を生活保護でやりくりしているので、楽しく過ごせているそうです。生活保護とは言っても、何も娯楽が駄目と言う事でも無く、もし、短期の仕事に必要であれば、バイクや自転車を持つことが出来るし、家賃も、引っ越さなくても、6万円くらいの住居であれば居住できるようです。

ですが、生活保護のケアの人が定期的に訪れるので、その点は面倒くさいようですが、空き時間に、野球やサッカーなどを観戦にいけるので、パワハラを受けながら、介護の仕事を続けていた時より、ずっとストレスも無いようです。




そして、これは、法律的には良くても、倫理的にどうかとも思いますが、遠くに旅行に行ったり、遊びをしたりするのも生活保護で支給される費用を貯めてする分には問題が無い様です。彼女を作ったり、逆に働いている時よりも生き生き楽しそうに生活していて、かけ放題の携帯プランに入っておられるので、しょっちゅう電話で人と通話を楽しんでいます。

人に飲み食いさせてもらったり、奢ってもらって旅行に行く分は問題無いようで、しょっちゅうでは無いようですが、たまに昔の知人と飲み食いに行くときは奢ってもらったりすることもあるようです。ですが、基本的に、やはり、自分一人で毎日食べに行くときは。自分で食費を払ってはいるので出来るだけやすい物を、ファーストフードなどに食べに行って一食の食事は300円くらいで、一日に二食くらいに抑えてはいるようです。

現在も受給中であり、少し、精神的な障害も持っておられるようなので、交通費などは、障害者手帳で安くはなるようです。自分自身でも努力はしておられるようで、定期的に鬱の事で、お医者さんに通ったり、短期でも仕事は無いかと毎回求人雑誌や求人広告に目を通すようにはされているようです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA