生活保護受給の条件とは?


生活保護は申請さえすれば誰でも受給できるのでしょうか。いいえ違います。生活保護を受けるには大きく分けて3つの条件があります。ここではその条件についてまとめてみました。


生活保護の3つの条件

  1. 生活を維持していけるだけの収入(基準額)が無いこと。
  2. 生活を援助してくれる身内、縁者がいないこと。
  3. 資産、財産(不動産や車など)が無いこと。

  1. 生活を維持していけるだけの収入(基準額)が無いこと。
    生活保護は世帯単位で支給されるもので、最低限の生活を維持するためにあります。最低限の生活をするために必要とされる金額が基準額で、住んでいる地域や家族構成、年齢などによって変わってきます。厚生労働大臣が定める基準に基づいて計算される最低生活費から収入(給料や年金)を引いた額が生活保護費となり毎月支給されます。

  1. 生活を援助してくれる身内、縁者がいないこと。
    生活保護を申請する前に、まずは家族や親族に援助を頼んでください。
    あなたが生活保護を申請すると、福祉事務所から親や兄弟、3親等以内の親類に「扶養照会」という通知が届きます。これは生活保護を受けたい人を援助することが可能かどうかを家族や親類に確認するための書類で、もし援助できる人がいれば生活保護を受けることはできません。




  1. 資産、財産(不動産や車など)が無いこと。
    生活保護を受ける前に、処分できる資産は全てお金に換えてください。家や車などは資産とみなされますので、すべて売却して生活費に当てる必要があります。借家やアパートは自分の家ではないので生活保護を受けることが出来ます。例えばローンを完済した売却可能なマンションにお住まいの場合、売却して現金化できるまでに1ヶ月以上かかる場合もあります。それまでの期間生活していくだけの収入が無い場合、現金化されるまでの間の生活保護を受けることが可能です。車を所有したまま生活保護を受けることは基本的に出来ません。その理由として3つの要因が挙げられます① 毎月の維持費が高額で生活を圧迫する。
    車を維持するにはガソリン代、駐車場代、保険料、車検代など月間数万円の出費が必要となります。これを少ない生活保護費から支払うのは難しいでしょう。② 万が一の事故の場合、賠償能力に問題がある。
    交通事故を起こしてしまった場合、賠償額が保険の範囲内であればよいのですが、その上限を超えた場合、生活保護受給者には賠償する能力がありません。③ 生活保護を受けていない低所得世帯とのバランスが取れない
    所得が少なく困窮していても生活保護を受けていない世帯はたくさんいらっしゃいます。車を所有していない低所得世帯も多数いらっしゃいます。生活保護を受けながら車を所有した場合、その方たちとの地域内でのバランス取れ無い事は容易に想像がつくでしょう。

生活保護を受けながら車は持てますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA