生活保護体験談 S.Y.さん37歳女性 父の介護のため母親が仕事を辞めて生活保護受給者に


皆さんからお寄せいただいた生活保護にまつわる体験談やエピソードです。出来るだけ原文に忠実な形でおのせしていますが一部プライバシーに関わる部分は改変してありますのでご了承下さい。

父の介護のため母親が仕事を辞めて生活保護受給者に

S.Y.37歳女性、埼玉県

私の実家のお話になりますがつい最近申請をして生活保護者の受給者になってしまいました。

元々病弱だった父親は家にずっと居てお手伝いさんに頼って昼間の生活を過ごしていて、母親の方がパートタイムに出て夕方から父親の面倒を見ているような生活を過ごしていました。パートタイムの給料と貯金でなんとかやりくりしていたようですがお手伝いさんの支払う料金もままならなくなり、仕方なく母親はパートタイムを辞めて父親の面倒を全部見るようになりました。

生活面に関して贅沢という事は何一つしてないです。私達子供も自分達の生活でいっぱいの為、一緒に住むこともできず両親の方に生活保護の申請をする様に勧めました。受給者になると色々な面で今以上に不自由さは出てくるかもしれませんが毎月決まった金額が貰えるのは両親にとっても助かると思いましたので私達の手助けも無く自分達でやっていけると思います。

申請にあたって書類の作成には私達の年収額も調べられました。それによって受給者に何か関わってくると言うことではないですが生活保護を受ける為には細かく書類などを書かなくてはならないという事でした。

今は都営団地に二人だけで住み車も無く自転車での行動みたいです。父親の病院も定期的には行けなく何か異常が来した時にだけタクシーで行っているみたいです。
住んでいる距離が簡単に行ける距離では無いため詳しくはわかりませんが、食事も1日1000円使うか使わないかの生活のようです。




国からの援助と言うことで楽には生活出来ないのが現状ですが少なからず病院などは頻繁に行けるような生活保護者にしてもらいたいです。今は父親もまた元気で過ごせていますので心配はいりませんがトイレやお風呂がままならない為、お手伝いさんもつけられるような受給を希望してあげたいです。母親が一人になった時に受給の金額も減るでしょうからその時はまた色々と考えていかなければならないでしょう。

1人で何も出来なくなった時に生活保護者の様な人は老人ホームの様な施設には入れないのでしょうか?現在は東京都に住んでいて年齢は76歳の母です。父親の方は80歳。
出来る事なら生活保護を受けずに二人で施設などに入れたら一番良いのでしょうが、それも貯金額が無いため入ることも出来ません。

受給者は働く事も出来ないのでこれから先も生活保護を受けて何とか普通に生活して居てくれたら良いなと思っております。同居出来たら一番良かったのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA