生活保護体験談 I.F.さん31歳男性 本当に困った時は国に頼ってみてください


皆さんからお寄せいただいた生活保護にまつわる体験談やエピソードです。出来るだけ原文に忠実な形でおのせしていますが一部プライバシーに関わる部分は改変してありますのでご了承下さい。

本当に困った時は国に頼ってみてください

私はイニシャルI.F.31歳の男です、生活保護を受給して約2年になります。

生活保護を受給する過程としては前職が板金屋で勤めていたのですが職務中に首を痛める事故にあいましてその後治療をするもののいっこうに良くならずリハビリをするものの仕事に就けるまでの回復には至らず、金銭的にも体力的にもにっちもさっちもいかなくなり生活保護に頼りました。

はじめは血税を使うことが申し訳なく思ったのですが現状を相談しに行こうと市役所の職員に相談し「生活保護の受給に該当するのでは」という職員の方のコトバに背中を押してもらったとこから生活保護を受給させてもらうことを決意しました。

私の知人にも生活保護受給者が何人かいるのですが市役所の職員によってだいぶ対応が変わるみたいなので色々と相談して話に乗って貰える職員さんを探してみましょう。私の経験では若い職員さんの方が親身に相談に乗って貰えるような気がします。申請も職員の方の言われるままに書類などを書きますので心配いりません。

申請さえ通れば生活保護は受給されるみたいです、私は医師の診断書も提出したと記憶しております。当然若い人より高齢の方の方が申請は通りやすいかと思われます。申請者の家族の方にも市から連絡がいき金銭的支援ができないかどうかの確認もがいくみたいです。




また私は北海道の札幌に住んでいるのですが住んでいる区によっても生活保護を受給しやすいしにくいという噂がありますが本当の事はわかりません。生活保護を考えているのであれば実際受給している方のアドバイスを聞くのも近道だと思います。住まいがないのであれば市の方でも数に限りがあるみたいですが無料で居住スペースを提供していただける所もありますし自分で探しても賃貸アパートを探すのも苦労しないかと思われます。

私は生活保護受給者の知人の紹介でアパートを借りたのですが私が借りたアパートは1棟8室全て生活保護者とのことです。大家さんの考えにもよりますが確実に国から金銭が受給できるので大家さんとしては安心して部屋を提供できるとのことです。私は札幌で家賃も3万ちょっとと安く保護費は大体12万から15万受給させて貰っています。冬期間は燃料費もプラスされて15万ほどいくので一応、おかげさまで人並みの生活をさせてもらっています。また病院の治療費や処方薬も無料になるので医療費で困窮することもなく今では首の治療に専念しております、私としては早く首を直してまた社会に復帰したいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA